中型免許を短期でとるためには合宿免許を選ぼう

はじめに

平成19年6月頃から中型免許が施行され、普通免許と大型免許との間に「中型免許」が組み込まれるようになりました。当サイトではそんな中型免許に関する情報を紹介していきます。

最近人気の中型免許!免許取得するための基礎知識

初心者マーク

中型免許の取得方法

中型免許を取得するためには、場内での教習のほかに普通免許・大型二種免許に対して課せられている路上試験を受ける必要があります。そして、これに伴なう形で、中型仮免許・大型仮免許を受けた後に、路上教習を行わなければなりません。適性試験に関しては大型免許と同様の基準とされており、中型8トン限定免許を持っている場合にも免許取得後に受ける必要があります。

ウーマン

中型免許は合宿免許がオススメ

中型免許を取得することをお考えなら、合宿免許を選ぶことをオススメします。合宿免許なら、免許取得にかかる期間が2週間~3週間と短い為、まとまった休みがあれば、社会人の方でもすぐに免許取得が可能です。また、教習所に通うよりも合宿免許の方が比較的に安く料金設定がされているので、費用を抑えるという意味でもオススメできます。

通学免許と合宿免許の違い

通学免許とは

通学免許は言葉の通り、教習所に通学しながら免許取得を目指していく学習スタイルになります。入学から卒業まで自身でスケジュールを組むことができるので、予定を調整できる柔軟さがあります。ただ、カリキュラムは教習所側の都合に合わせて実施されているので、その辺りは考慮しておくべきです。

合宿免許とは

合宿免許は地方や離島にある教習所へ訪れ、入学から卒業まで教習所が作成したスケジュールに合わせて免許取得を目指す学習スタイルです。合宿ということもあり、卒業まで教習所の宿泊施設を利用することとなります。期間は2週間~3週間程度が一般的です。

[PR]
一人で合宿免許に参加可能☆
優良プランを厳選リサーチ☆

MT免許とAT免許に豆知識

教習所に通う際に必ず選ばなければならないのが、「MT(マニュアル)」か「AT(オートマチック)」かの2択です。マニュアル車はアクセルとブレーキに加えてクラッチがありますが、AT車にはそれがありません。操作性においてはAT車の方が簡単で、一般的な自動車のほとんどはATが採用されています。

まとめ

中型免許の取得に関する記事をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?中型免許は大型免許より比較的に取得しやすい免許になります。今回の記事で中型免許の魅力に気付いたという方がいれば、教習所に通うことを検討してみてはどうでしょう。

[PR]
中型免許を習得しよう?
受験資格をチェックできる!

広告募集中